福岡アジア美術館へ

  • Day:2016.06.29 23:40
  • Cat:日々
 福岡アジア美術館では、今月は週替わりで、
キルト関連の展示会があってました。
全クリできるかな?と、思ったのですが、4週全部、見に行けました。
 展示作品が多かったのは、第三週目の宮崎順子センセのお教室のキルト展。
見ごたえありました。先生の作品もあり、ブティなどもありました。
刺繍を取り入れた作品がとても多かったです。流行かなぁ・・・。
 第2週目は、フックドラグの展示会。面白かったです。
手を出すととんでもないことになるので、見てるだけ~~です。^^;
 第4週目は、駅二つ向こうのパッチワークのお店の展示会。
久しぶりで楽しかったです。なんというか、普段使いの落ち着いた雰囲気の作品で
一番しっくりする気分で見ました。私もガンバロ!
 話は前後しちゃいますが、第一週目は、和布のキルト展。
記帳して帰ってたのですが、お礼のお葉書をいただきました。
次の展示会の案内のお葉書をいただくことはあっても、
こういうのは初めてでしたので、とってもびっくり~!
展示会もいろいろなんだなぁ~・・・と、

 今月はパッチに関してはとても濃い一か月でした。

 ところで、7月は、博多山笠の月。
6月の終り頃から、飾り山があちこちで見られます。
160627a.jpg
 博多駅博多口のは、真田丸。
だいたい、大河ドラマのは必ずありますね。

160627b.jpg
 見送り(反対側)は、「なんしようと?(華大がMCのTV番組)」。
TNC(フジ系のテレビ西日本)がスポンサーなんだろうなぁ~~~と。

アジア美術館行くまでにも、3個見ました。
(頑張れば、キャナルの中とか、櫛田神社とか・・・博多界隈はたくさんあるんですけど^^;)

Read more...

ポーチにしました。


 樋口愉美子さんの「一色刺繍と小さな雑貨」から。

 刺繍した布をがま口に仕立てるのって、かなり私には
ハードルが高かったので、口金ポーチにしてみましたです。

160623b.jpg
 配置に配慮せず、型紙サイズのトレーシングペーパーに
テキトウにトレースしたら、大きな木がド真ん中になっちゃいました。。。

160623a.jpg
 反対側は、おとなしい感じです。(^^;

Succulent


160622b.jpg

「樋口愉美子のステッチ12か月」から「「Succulent」。
Succulentは、訳すと多肉植物ってことなんですけど、
日本的には、サボテン科とその他の多肉植物を
きっちり分けてるのがなんとも不思議な気もするんですけど。
多肉ちゃん好きには、そこらへんがモヤモヤ~~とするところ。
・・・では、あるんですけど、Succulent。
 
 天気が悪くてぼやけた画像ですが、刺し終わりました。

160622a.jpg
本の指定糸と2か所違う色を使いました。
一回、糸を買い足しに走ってます。
やっぱり糸をたくさん使ってしまいます。
けど、ムッチリが可愛いですね。(^^)

 まだまだヘタヘタだけど、楽しんでおります。

・・・でも・・・・そろそろ・・・お仕立てを考えなくちゃ~!ですね。(^^;;滝汗


樋口愉美子のステッチ12か月 から

160615a.jpg

 基本のステッチをしてみて、少しフレンチナッツステッチが怖くなくなったので、
気を良くして、本を借りてきまして、トライしています。
借りた本は、「樋口愉美子のステッチ12か月」。
 樋口さんのご本、2冊持ってるのに、そこからでなくて、
この本を借りちゃいました。^^;

 「刺しやすい」と書いてあったので、一色刺しの「秋の木」を選びました。
160615.jpg
 えぇ~っと、フレンチナッツの位置が図案と微妙に違ってますが、
なんとか刺し終われました。。。
思った以上に図案が大きくて、
面で刺さなくても、刺繍糸は1束では終わらず、
2回買い足しに行きました。2束強、使ってます。
 
 樋口さんのデザインはこっくりした可愛らしさがあって大好きですが、
ムッチリ刺すので、糸の量は多めに準備しなくてはいけませんですね。

次は、「多肉植物」
160614.jpg
 一束づつしか持ってないので、また、買い足しに行かねば!と、
思ってるとこです。(==;

ミニタペストリー

 貯めこんだキットを月一個ずつ作る一人企画の6月分。
「基本のステッチでミニタペストリー」(NHKおしゃれ工房2007年4月号)
できましたぁ~~~(TT)

160610c.jpg
 クロスステッチなどは怖くなかったんですけど、
それ以外の、とりわけ、バリオンローズステッチ!!
最後まで、これでいいのか??で終わらせてしまいました。。。。
それに、何度やってもヘタヘタで泣きたくなる フレンチナッツステッチ・・・。
真ん中の○部分。テキストは中心からだったけど、周りからスタートしたらよかった・・と、
後で気が付く。。。
サテンステッチの葉っぱも、図案通りの形ではないような・・・(;;)
・・・と、反省で終わったのでした。。。。
 でも、ドロンワークが入っていたので、来月からのホワイトワークのキットの
触りが出来た感じでちょっと怖いのが軽減されたような気がしました。


160610a.jpg
 ベルプルは自作です。ちょっと無骨。(^^;

のろのろ・・・・

160608a.jpg

 Civil War Quilt 、しつけをかけてから、1ヶ月くらい経ってしまいました。
超ノロノロでキルティングしてます。
フープに付けたまま、テレビ台の横の棚にチョコンと置いて
テレビを見ると目に入るようになってますが、
てまりに没頭してるときは、風景として認識してました。

・・・・これでは、イカ~ン!!

って、ことで、先週末あたりから、毎日少しでも進める!・・・と
心に決めたのですが、ボチボチ、暑くなってまいりました。
扇風機も稼働させてます。
ここで、頑張ります宣言しないと、負けてしまいそうで・・・(^^;
・・・頑張ります~!


160608b.jpg
 6月の福岡アジア美術館のギャラリーでは、
週替わりでキルト関連の展示会があります。
 昨日最終日に「和布に魅せられて パッチワークキルト展」に行きました。
明日からは、「田尻 砂津子フックドラグ展
16日から、「暮らしを彩るパッチワークキルト展」(リメンバーキルト:宮崎順子)
23日から、「私の好きなパターンでつくるパッチワークキルト展
 
 全部行けるといいなぁ~・・・と思うのですが、行けるかな?
悩ましいのが、宮崎順子さんのリメンバーキルトのお教室の展示会。
お店の2Fと同時開催。両方行けるかなぁ・・・・・・汗;

*****
 梅仕事の季節。
梅担当は、Dさんで、私はらっきょう。
今年は3kg弱を漬けてます。(現在塩漬け中~)
160607.jpg

先週の「きょうの料理」のらっきょう漬けの回の録画を見ました。
辰巳芳子先生のらっきょう漬けは、大変に手間暇がかかった
美しい作品のようでした。
番組の中で、「定力」という言葉を使ってらっしゃったけど、
時間のかかる同じ作業をこなしていくというところで
キルティングにも通じるかもなぁ~・・・と、思ったのでした。

基本のてまり

 5月にどっぷりハマってた小さなてまり。
6月に入っても持ち越しで残りの基本のてまりに挑戦してました。

160603a.jpg
「薔薇」 
 6面のかがり。パッチワークのパターンでいうと「パイナップル」。
スタート地点も同じで真ん中から。
で、スタートの◆を間違えて■にしたので、最後で気が付いて、
画像のてまりは、2個めのチャレンジ。

160603b.jpg
「ねじります」
 枡の模様。こちらもパッチワークでも似たパターンがありますですね。
最後なので、絹手縫い糸を使いました。
コットンの25番刺繍糸と違って、絹糸はあまりケバが出ないぶん、
かがりの下手なのがバレバレ~!
これからも、精進ですね~~。

 小さなてまりでは、コットンの25番刺繍糸をメインで作りました。
他にもいろんな色糸が使えて、手持ちの糸をあれこれと総動員できて
とても面白かったです。
ゆびぬきや小さなてまりで、絹糸の手触りを知ってしまいまして、
絹糸ファンに♪色糸が欲しくなってしまって怖いですぅ。

・・・とはいえ、小さなてまりもちょっと一休みします。


160603.jpg
 6月に頑張るキットは、「NHKおしゃれ工房」2007年4月号の
大塚あや子センセの「基本のステッチでミニタペストリー」。
 9年前の。(^^;

6月になって

 5月のおさらい。
5月は、キットが終わってから、急にてまりにハマって、
トップのしつけをしただけ。・・・・・です。
月末もてまりをしてました。
160602f.jpg
 だいぶ土台のてまりも大きさが同じっぽくなってきましたが、
だいたい8.2cm~9cmのブレがあって、
安定して作れるようにはなれませんでした。

 本の基本のてまりも、残り2個。
月がかわったけど、その2個にチャレンジして
敗れて区切りをつけてから、キットをしようかと思いますです。
・・・・・え~、いつものごとく、いいわけです。(==;
 


 備忘録っぽいですが、一個ずつ。

Read more...

FC2カウンター

FLAG counter

free counters

↑Page Top