妄想・・・キルト編

  • Day:2010.09.08 15:19
  • Cat:手芸
 16年前の本で、カバーはボロボロ。久しぶりに本棚から出して眺めています。

100908a1.jpg
アメリカ/キルトの世界
 娘ちゃんが生まれて忙しくて、チクチクできないフラストレーション解消に
お買い物した、キルトの洋書翻訳本です。
 高価でしたぁ・・・。しかも、大きくて筋トレできるかも?の重さです。

 系統別に分かれた傑作キルトの全体写真がメインで、作り方は掲載されていません。
今、見返してみると、コンテンポラリーキルトの作品をはじめ、
1980年代のキルトが少し多すぎかな?という気がします。
 でも、小野ふみえさんの翻訳が、とても読みやすく、楽しいです。
面白いのは、”キルトにまつわる迷信”など。
 「新しいキルトを掛けて寝ると夢がかなえられる」とか、嬉しいお話ですな。^^ 
100908a2.jpg
 今は、農家のお嫁さんキルトを作ってるところですが、
(他にもいろいろ途中があるけど・・汗;)
いつかやってみたいなと思ってるキルトの一つが、Nearly Insane です。
先輩キルターさんのところで知り、一目ぼれ♪傍惚れだったけど、
本を取り寄せて・・・から、何年経ったっけ??なんですが、
その、元のキルトがこの本に載っていました!(気が付くの遅~っ!)
やっぱり、いつか~♪・・・と、気持ち再確認しちゃいました。

100908a3.jpg

 でもって、現在、大ブレーキしてるのが、Dear Hannah です。
もう、一年以上縫ってません。しかも、気持ちが萎え萎え~~。
どうしたもんだかぁ・・・(--;

・・・な、とこなんですが、
こちらも、アップリケパターンの元のキルトを見つけました。

↓画像が小さいのでピックアップ
100908a5.jpg
100908a4.jpg
 このアップリケキルトのパターンから半分がセレクトされて、Dear Janeのスタイルで
Dear Hannahを作ってらしゃるんだと解かりました。
元のアップリケキルトは1850年ごろ作成されたもので、
ブロックに刺繍で説明をつけたのもあるそうです。見てみたいですね~!

 とはいえ、このキルトを見て、自分の作ったブロックは、アップリケと
ピーシングのに分けて、それぞれ小さなキルトにして、
完成させてしまおうかなぁ・・という妄想を始めてしまいました。。
(全部クリアをほぼ断念してるtonkoでした・・^^;;)

Comment

ルーツ発見かっ!
うひょー!
DHのルーツ発見ですね、すごいです!
私もこの筋トレ本とNI、持ってますよ~。NIも時々ため息混じりに眺め「ダイヤモンドの次の次....」などと呟いています。
出来ているブロックを小さく仕上げるって良いアイデアかも知れませんね。ちいさなキルトって使い道がたくさんあって良いものですよ。
>ふくろうボタンさん♪
こんにちは~!
ダイアモンドも!!やってみたいです~!いつになるんだか・・・。
DH、本当に気になってるものの、
やったことない色合わせにチャレンジしちゃったんで、
迷ってばかり~。
ここでまとめちゃってもいいですよね?よね?(^^;;

筋トレ本、洋書の方は、そんなに大きくなさそうですね。
じっくり写真が見れるのはいいんですが、
もうちょっと軽くてもいいかなぁ・・・とも思ったりします~
  • 2010/09/09 08:53
  • tonko
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

FLAG counter

free counters

↑Page Top