エンタメ&読み直し

  • Day:2014.08.12 22:49
  • Cat:手芸
 暑くて針仕事に気持ちが向きにくいとき、手に取るのは、文庫本。
この夏、エンタメ系は2冊(文庫は上下で4冊)読みました。

140813a.jpg
 ジェノサイド (角川文庫)と、すいか (河出文庫)
 毛色が全然違う2冊ですが、どっちも面白かったです。

ジェノサイド・・・は、エボラウィルスの話もチラッと出ます。
ウィルス進化説の話?かと思いきや、突然変異なのね~~とか、
薬の話は、解らなくはないものの、ありえん~!とも思ったりとか、
ちょっと意地悪な読み方をしてしまいましたが、話の進み方はスピード感満点で
一気に読めちゃいました。
でも、戦闘シーンの部分は、とってもしんどかった。。。

すいか・・・は、伝説のTVドラマ。ずっとレンタルで見てみたいなぁ~・・・と、
思ってたものの、気が付くと、近所のレンタルショップでレンタル終了になってしまってました。
DVDのレンタルしてるとこもあるんですが、ちょっと遠いし、
本があるなら、読んじゃえ!ってことで。^^
ドラマの配役の予備知識がないまま読み始めて、たぶん、主人公の基子さんは
小林聡美なんだろうなぁ~・・・と予想できたんですが、
馬場ちゃんとかは、名前から、アジアンの馬場園ちゃんにイメージしちゃってたりとか、
想像の羽を変な方向へ飛ばしながらではありますが、読了。
(後で調べたら、馬場ちゃん役はキョンキョン!!)
やっぱり映像もいつか見てみたいと思います。
木皿泉さん脚本の「昨日のカレーあしたのパン」が、
ドラマ化されるので、楽しみになりました。

 Eテレの「100分で名著」(今月は「アンネの日記」)を毎週楽しみに録画で見てるのですが、
先月は、「ファーブル昆虫記」♪♪でした。
 解説者は、奥本大三郎さん。
 小学生のとき、子供向けの「ファーブル昆虫記」を読みました。
ですが、ちゃんとしたものは読めてません。
ファーブルは55歳から書き始めたそうなので、55歳から読み始めようかな♪(^^

 ・・・ってことで、だいぶ前に読んだ奥本先生の本を出してきて、再度読み始めました。

140814b.jpg
左)虫の宇宙誌 (集英社文庫)

 かれこれ、ん~十年ぶりです。全く覚えてないので、とっても新鮮!(-_-;)オイオイ

 もう1冊も同じ頃読んだはずの本。「海からの贈物」
(著者に「夫人」ってなってるのが、時代ですね~)
名著ですが、当時はピンと来ないまま読み終わった感じでした。
ホントに久しぶりにまた読み進めてみると
「やっとなんとなく読めるようになったんだなぁ~自分!」と、
思えたのでした。
アメリカでも女性が社会にたくさんは出ていなかった時代
(キング牧師の「I have a deram.」より8年も前)の書物と
考えながら読まないと、感覚的に「?」と、思うところもあります。
英文が読めたら、原書で読んでみたいなぁ~と思います。
もう一度読み直すかもしれません。

本屋さんで気になった本==備忘録として
林ことみの刺し子ノート (単行本)
カゴアミドリのかごの本 世界のかご 日本のかご 暮らしのかご

Comment

Comment Form
公開設定

FC2カウンター

FLAG counter

free counters

↑Page Top