気を抜くと・・・

 先日、市の図書館で「BOOKバトン」というのがあって、初めて行ってみました。
除籍処理した本の無料配布をしてくれるんです。
開催時刻を少し過ぎたとこで到着したんですが、
バーゲンセールのような激しい争奪戦がもう、始まってました。。。。。
ちょっと怖かったです。。。
 すてきにハンドメイドとかは、もう1冊しか残ってませんでした。。
戦利品はこんな感じ↓英字新聞とかもあります。ラッピングとかにいいかな~♪なんて。(^^;
170228.jpg
 そんな中、「長沢節物語」をゲット。
長沢節さん、気になってたけど、よく知らなくって過ごしちゃってたので、
早速読み始めました。
 まず、ずっと女性でカッコいいおばあちゃん♪という勝手なイメージだったんですが、
男性だったと知りました。(^^;←ホントに無知
 
 私は十代の頃から、変則おデブで、手首は細いけど二の腕がハンパなく太いとか
ウエスト周りで服を選んでも太ももが入らないとか、とにかく困った体型なんです。
既製服を探すのが大変なんで、手作り~!!と思っても
服飾の勉強をしていないので、型紙作りが出来ませんでした。
本頼みでして、当時はソーイング雑誌は、囲み製図の載ってるのを選んで買って
下手なりに手作りしたりしてました。
(囲み製図…有難いです。最近は、実物大型紙ばかりで、困るんですが・・・。)

・・・で、その頃に買ってた、文化出版局の「SO-EN」。
当時は、難易度もうさぎマークで提示されて
囲み製図も載っていて、よく購読しました。当時は今の「装苑」と違って
いろんな手芸も載ってるファッション総合誌といった感じでした。

 その中に長沢節さんの映画寸評のページがありました。
ストーリーにはあまり触れない、ずばり、ファッションに特化した評価。
100点満点で、ファッション的には何点か?っていう。
当時の、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」とかは、ケチョンケチョン!面白かったです。^^
そのページで長沢節さんを知りました。
セツ・モードセミナーのたたずまいもメディアでよくお見かけいたしますが、素敵ですね。

 ずっと気になってたけど、知らないこといっぱいの長沢節さん。
長塚節ともゴチャゴチャに記憶していて、この本で頭の中が少しスッキリしそうです。^^
たまたまの巡り合わせに感謝♪

 今年はいろいろ整理しようと、本棚もだいぶスッキリさせたとこなんですけど、
やっぱり増えちゃいますですね~~~本は。

 色鉛筆コンプから、つい、ぬり絵の本も買ってしまいました。。。
170227.jpg
 宮沢賢治が好きなんですけど、鉱物には疎くって、
古本屋さんで↑の文庫本を見つけたときは、すぐ手に取ってました。
 
 外出のお供の本にしてます。でも、画像はないんですぅ~(TT)ワカリましぇ~ん!
ジレてたとこに、ひょっこり、この塗り絵を見つけてしまいましたぁ!

 しかし、自分で調べて色を塗らないと・・・汗;
私は鉱物が解るようになるのでしょうか・・・・ナゾです・・・・。

Comment

Comment Form
公開設定

FC2カウンター

FLAG counter

free counters

↑Page Top