本と裁縫箱

 160721c.jpg
 落ち着いたキリッとした文章の増田れい子さんのエッセーが好きです。
「独りの珈琲」は、私が20代の頃、購入した文庫本。
これ一冊しか持ってないので、図書館で「インク壺」を借りてきました。
こちらのエッセー集が、図書館でも新しい方だったのですが、それでも
閉架に置かれていて、司書の方にリクエストして出してもらいました。
1988年の暮らしの手帖社からの出版でした。中を読んで知ったのですが、
昭和50年代頃の雑誌「暮らしの手帖」に載ったエッセーをまとめた本でした。

 暮らしの手帖社の本で、私の本棚にあるのは、「キルトに聞いた物語」など、
手芸に特化してまして、雑誌「暮らしの手帖」にしても、
気になる手芸メインで記事を見ていました。ちょっと恥ずかしいです。。。

 こちらのエッセーを読んでいて、私の子どもの頃の昭和の雰囲気が一気に
思い出されてきて、なんとも不思議な感じです。

160721d.jpg
エッセーに写真が付いたページだったようで、写真もよか♪です。^^

*********
 とあるところで裁縫箱のお話になり、私も撮ってみました。
現在、こんな感じ↓
160722a.jpg
 上の木製の裁縫箱には、裁ちバサミやピンキングバサミとかバイアステープメーカーなど
使用頻度の低い道具や、ストックしてる針などを入れてます。
 メインで使うのは、お菓子の缶。
布で作ったリメイク缶もあるけど、汚れるのがすっごく心配なので
そっちには、リボンや刺繍糸などストックを入れてます。

160722b.jpg
左下の六花亭のがメインの裁縫箱。
下の真ん中は、キルティング専用。
右上はピーシング専用。
右下のお弁当箱は、ゆびぬきや手毬のかがり専用。

 でもって、いちご柄のは、絹手縫い糸のストック。
絹手縫い糸、ヤフオクで古道具屋さんがたくさん出してたのを
ポチッと落としました。どなたの裁縫箱に入ってたんだろう・・・。
いろいろ想像しながら、ニマニマしております。。。
使い切れるか心配なストックを、また、増やしてしまいました。。。。

 お菓子の缶を裁縫箱に再利用するのって、世界共通なようで、
「おばあちゃんの罠」と言われるらしいです。
私もそんなお年頃に突入~!!ですかな?(==;

糸遊び

  • Day:2016.07.12 10:58
  • Cat:手芸
 先月の一人企画で作ったキットに入っていた刺繍糸、
いっぱい残っちゃいました。
糸のメーカーとナンバーがわかったら、手持ちの糸と一緒に
収納しちゃうところなんですが、このキットでは、糸のままだけで
入ってました。

 どうしたもんじゃろのぉ~? 

だったので、 タッセル作りをしてみました。

160711a.jpg
 すてきにハンドメイド2012年9月号 
カナダ恵子さんのテキスト企画のページを参考にしました。
 半端に残ったいろんな糸で作れるので、ハマりそうで、怖いです。。。。
 
 糸も使い切って、満足~♪・・・なんですが、
さて、このタッセルたち・・・・

 どうしたもんじゃろのぉ~?

*********
 とうとう、夏です。「まだ、そんなに暑くない~ない~」と、
自分に暗示をかけようと頑張りましたが、限界です。。。。
暑いなぁ~・・・・というわけで、
キルティングが大ブレーキ中。
他の真夏のキルターさんは、どのようになさっているのだろう。。。。

 そして、やっぱり、てまりの新刊、買っちゃいました。
 宝石みたいなてまりとくらしの小物
 以前の本と違って、難易度アップ!ですが、解説はより丁寧な感じです。
しばらくは、眺めて楽しんでると思います~

その他、気になる本備忘録*
 服地の基本がわかるテキスタイル事典
 布の名前って、よく知らないのです。
他にも気になるテキスタイルの解説本があるのですが、手にとって見れたので。
布の雰囲気って画像ではピンとこないから、難しいですね~~。

 もっと美しい世界へ つまみ細工の見本帖
和物系の手芸本、最近とっても気になりまして、こちらもいいな~♪と思ったり。
気が多いのが困りもの。(^^;

手芸本の備忘録

  • Day:2016.05.08 15:01
  • Cat:手芸
 160406c_20160508143613b7c.jpg
 一番最近買ったのは、ゆびぬきの本でしたが、
先月は、ゆびぬきにハマる直前にもう一冊、こちら↑の本も買いました。
 青木和子さんの本、実は持っていませんでした。
一冊欲しいなぁ~・・・とこの本を選びました。
私にはとっても難しそうですが、見ていてうっとり~♪です。^^

 本棚から本が溢れそうな状態なので、
本を買わないようにしています。でも、元来の本好きが
理性を通り越してしまうんですね~~・・・え~・・・、いいわけです。(==;

本屋さんで見て、ちょっと気になってる本
  武井武雄手芸図案集 刺繍で蘇る童画の世界
   武井武雄の画は、子供の頃親しんでいた画ではなかったんですけど、
   懐かしい感じがします。パラパラ見て、昔の手芸本は、モノクロで、
   手法を文章で説明していて、正直、読んでもわかんなかったのを
   思い出しました。この本がそういう本だということではないのです。
   つい、そんなことを思い出してしまった
   なんとも懐かしい気分になる本なのでした。
   画から刺繍するって楽しいな♪と思います。
 
  ねこ手芸
   出る前からチェックを入れていた本。タイトルもまんまで、
   いろんな作家さんの猫ものの布雑貨が載ってます。
   Geraさんのくるみボタンのも可愛くって、クラッとしちゃったのですが、
   我慢しました。。。。またのときは、自信がありません。。。。

  小さなてまりとかわいい雑貨
   一昨年の出版なので新しくはないのですが、ゆびぬき以来、
   糸をかがる手芸が気になっていて、中でも、すっごく気になっている本。
   可愛くて、模様一つ一つの作り方を親切に載せてあって安心感があります。
   ゆびぬきもてまりも、「作ってどうする?」と、家人には言われそうではありますがぁぁ~・・・・。

160507.jpg
 5月は、「NHKおしゃれ工房」2006年11月号の菱刺しのキットを作ることにしました。
本も図書館から借りてきたとこです。ありがたいです~~。

新刊本?

  • Day:2016.02.14 18:38
  • Cat:手芸
160212a.jpg

 この冬は気になる新刊が多くて、ちょっとワクワク♪
でも、いざ、買う段になると、悩んじゃいました。
結局、手芸本は4冊新しく購入しました。
そんなに新刊でもないのも混じってますが、
前から、とっても気になってる本。
今はワクワクしながら、見ています。。。。
形にするかどうかは、ナゾです~^^

 今はキルトにどっぷりなのに、買った本はほぼ刺繍の本。
「赤い刺繍と・・・」は、ひとめぼれ♪読み応えあります。
「刺しゅう春夏秋冬」は、雑誌「天然生活」掲載のダイジェストと
新しく追加された作品。雑誌を購入していなかったので、
とっても嬉しい一冊です。
「はじめての菱刺し」は、ずっと気になってたのですが、
品切れになったら寂しいかも?と、購入。
図案が多いのが気に入ってます。
こぎんも菱刺しもまだ未体験。今年こそ!と思ってます。。。。

160212b.jpg
 「うれしい手縫い」は、読むのがメイン♪でも、
樋口さんの可愛いだるまブローチに心惹かれます。
だるま糸も、持ってました。自分で買ったのではなくて、
もう手芸はしないから~と、友人のお母様から私にと
譲っていただいた糸巻き。使ってみよう・・・と、思いました。

少しずつ

  • Day:2016.01.28 22:27
  • Cat:手芸
 週末からの寒波で、寒冷地が苦手な多肉ちゃんたちが
悲しいことになってしまいました。。。
 住んでる地域では、断水になるほどの被害はなかったのですが、
それでも、県内は水不足なため節水に心がけるようにとの
市役所からの車でのアナウンスがあっていました。
 それも、今日は一息ついた感じです。
 スーパーの野菜がちょっと高くなってました。。。。
暖冬を侮るなかれ!ですね。
近年にない寒波でした。。。サブかったぁ~・・・。


160128b.jpg

 さて、フレメの鳥さんのその後は、というと・・・

160128a.jpg
 鳥さんを10羽。残り15羽。
ちょっとずつ長く楽しみたいので、少しずつ、少しずつ・・・と思ってます。^^

*******
<本の備忘録>
1.2月は手芸本の新刊ラッシュ!な、感じで気になる本が多いです。
ここのところ、気になるのは刺繍の本が多いです。。。

斉藤謠子のいま持ちたいキルトバッグ

うれしい手縫い (読む手しごとBOOKS)
刺しゅう春夏秋冬 (天然生活ブックス)
クロスステッチ 英国スタイル
赤い刺繍とアンティーク・テキスタイル

 今度、博多や天神に行ったら、チェックしてみようと思います♪